読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッチープ

群馬近郊のニッチでチープなスポットなど訪れます。

【埼玉】りすって可愛い!見晴公園 りすの家

珍スポット 埼玉

 

 

関東近郊でリスを見ようとすると、「東京都 町田リス園」がとっても有名。

ですが、町田リス園のリスたちは「タイワンリス」という種類で

みなさんが想像するしましま模様の「シマリス」とは違います。

 

ここでは、非常にオススメな さいたま市 見晴公園 りすの家を紹介します。

 

 

 

 

f:id:epe:20160905211504j:plain

 

f:id:epe:20160905211501j:plain

 

 

どうでしょう、シマリス。可愛いですよね

 

iphoneカメラの拡大画像なので、画質が悪いのが非常に悔やまれます。

ぜひ立派なカメラをお持ちのみなさんは、バシャバシャ素敵な写真を撮ってください

 

 

 

こんな素敵なリスたちがいるのは、「さいたま市 見晴公園」内にある「りすの家」

 

f:id:epe:20160905211515j:plain

 

2014年の大雪で、支柱が倒れてしまい2年ほど休園していましたが、

2016年4月にリニューアルオープンしました。

 

ここの特徴は、まず「シマリス」が自由に動き回っているということ!

埼玉県は小動物園が非常に多く、シマリスを飼育しているところはいくつもありますが

「りすの家」のように、人間もケージ内に入って観察できるところはなかなかありません。

f:id:epe:20160905211519j:plain

 

この「りすの家」では、上の画像のように大きなケージ内をリスたちが自由に飛び回っています。

その中に我々も入れさせてもらい、近くでリスたちを観察することができるのです。

 

 

 

f:id:epe:20160905211512j:plain

 

 

 

シマリスたちは、通路上を弾丸のようなスピードで好き勝手に移動します。

踏み潰さないように気をつけないといきません

 

f:id:epe:20160905211511j:plain

 

 

中は非常に広いのですが、それでも10歩も歩けばリスが弾丸のようにアナタの前を横切ることでしょう

 

 

f:id:epe:20160905211509j:plain

 

 

 

食事をするリスや

f:id:epe:20160905211457j:plain

 

 

壁を飛び越えるリスなどが見られます。

f:id:epe:20160905211444j:plain

 

 

 

 

そして、「りすの家」から少し離れたところには「リス保育舎」という

リスが育てられている小屋もあります。

こちらは、中には入れませんが若いリスやボーッとしたシマリスたちを見ることが出来ます。

 

f:id:epe:20160905211416j:plain

喜びのあまり手ブレがすぎる写真

 

 

 

f:id:epe:20160905211407j:plain

 

 

 

f:id:epe:20160905211402j:plain

 

 

f:id:epe:20160905211401j:plain

 

 

 

 

「見晴公園 りすの家」は、これだけの設備の綺麗さ、大きさにも関わらず入場料が無料。

リスたちに餌付けなどはできませんが、シマリスを近くで見たい方はぜひとも訪れるべきスポットです。

 

また、町田リス園に比べるとマイナーなようで、比較的落ち着いてリスたちを観察できます。

近くに大宮公園という公園&無料動物園があり、そちらに子供連れが流れているような気もします。

 

公園内には大きな芝生の広場があり、サックスや打楽器の練習をしている人たちや

家族で遊んだり、若者が日陰でのんびりしていたりと、りすの家以外でも非常に心安らげるスポットです。

また、植物園や土日には農産物直売所もオープンしたりと見どころがたくさんのスポット

ぜひとも1度、訪れてみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

Google マップ

〒331-0803 埼玉県さいたま市北区見沼2丁目94

入園料:無料